Kotlin と Firebaseを使った匿名チャットアプリの開発で困ったこと

この記事は約4分で読めます。

今回プログラミングの勉強を兼ねてチャットアプリの開発を行うことになりました。アルバイトという形でお給料をもらって開発を進めていくという形なので気合が入ります!!!!!!!!!!!!!

しかし100時間ほど取り組みましたが早速問題が多数あったのでご報告いたします

(これから勉強する人、勉強中の人の一助となれば幸いです、すでに”プロ”の方はブラウザバック推奨です。)

①Kotlinを日本語で解説しているページが少ない

私はJavaを極めたというわけでもないので、すでに世に出ている玄人向けのページ(JavaでいうOOですといった表記を多用した記事)は理解できませんでした。初学者向け、Kotlinで初めて勉強するよという人向けの教材を紹介します。実際に私が使ったものなので、安心して使っていただければと。

②KotlinとFirebaseという組み合わせの日本語の記事がほとんど途中で終わっている。

みんな大好き”Qiita”の記事、途中で止まってました…その更新さえあればもっと進めたのになぁ

③そもそもプログラミングの勉強が足りておらず、1から勉強する必要があった。

④仕様がコロコロ変わるため、下手にアップデートするとコンパイルエラーが出る

(AndroidStudioの更新で、gradleという設定ファイルがおかしくなる現象は特に困った)

⑤Kotlinじゃなきゃいけない理由を見失った

この世は日本人Kotlinerに優しくなかった。Firebaseのリファレンスには日本語版の記述はJavaしかありませんでした。

ここから解決策になります。

①Kotlinを日本語で解説しているページが少ない
まずはこれを買いました。

基本からしっかり身につくAndroidアプリ開発入門 Android Studio 3対応 (「黒帯エンジニア」シリーズ)amzn.to 3,025円 Amazon.co.jpで購入する

この本は買っておいてまず損がないと言えます。
その理由はKotlinの話だけではなく、Android Studioの設定やアプリの公開についても詳しく記載されています。

②KotlinとFirebaseという組み合わせの日本語の記事がほとんど途中で終わっている。

英語ですがしっかり完結していて、動くものはこれでした↓

英語は聞き取れなくても先ほどの入門書を一通り読んでいれば理解可能です。平均20分x10話の構成で、作業時間を含めると5時間くらいあれば完了できるかと思います。非常にわかりやすいです。

③そもそもプログラミングの勉強が足りておらず、1から勉強する必要があった。

これも大きい問題でした。例えば

 val texts = queryTexts(this)
 val listView = findViewById<ListView>(R.id.listView)
 listView.adapter = ArrayAdapter<String>(this, R.layout.list_text_row, R.id.textView, texts)

こんなに長いコードになるとなかなか読み解くのに時間がかかってしまいました。そんな時は入門書に戻って復習をしています。本って大事。

④仕様がコロコロ変わるため、下手にアップデートするとコンパイルエラーが出る

(AndroidStudioの更新で、gradleという設定ファイルがおかしくなる現象は特に困った)
この解決方法が正しいかどうかはわかりませんがプロジェクトの開発中は下手にアップデートすることは避けるべきかと学びました。
どうしてもアップデートする場合は別のPCなどで動作確認をするか、アップデートが配信されてから時間を置き、バグ報告を待ちます。
この方法で毎回治るかは不明ですが最新バージョンでからのアプリを作ってGradleファイルだけコピーして動かしたら、治った時もありました。

⑤Kotlinじゃなきゃいけない理由を見失った

これは現状もそうです。
しかし新しいことを始めるときに、必ず道が整備されているとは限りません。自ら道を切り開いていく力こそが生きる上で必須と考えれば、ちょうどその訓練みたいなものです。

精神論のような終わり方をしてしまいましたがある道のパイオニアとして先陣を切ることは楽しいことだと日々感じております。

Happy your Engineer Life !!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました