【新卒エンジニアが考える】営業とはなにか?

この記事は約2分で読めます。

ここでいう営業はセールスという意味です。

セールス【sales】
①販売すること。特に、外交販売。「―‐エンジニア」
②売り上げ。売れ行き。「―を伸ばす」
③セールス‐マンの略。

広辞苑

とあるようにモノを売ることです。

この個人の時代、仕事を自ら生み出す、セールス力も重要です。(モノを作れる力も重要)

社会は飽和状態になり、仕事を与えられるいうことは、どんどん減っていきます。

エンジニアとして働いているとモノ中心で、そのサポートとしてセールスがあるような気がしてしまいます。

しかし、それは以下の理由から違います。

セールスマンから実際に売られていく

実際にモノが売れる瞬間は、エンジニアからではないです。
エンジニアからセールスに渡り、その後顧客に提供されます。
つまりセールスしやすいモノでないと売ることが難しいです。

どんなにいいモノでも顧客に刺さらないと売れない

どんなに革新的でも、世の価値をひっくり返してしまうような発明でも、独りよがりでは誰にも喜ばれません。
ただ単に
「頑張ったね」
それだけの話です。
うれしい体験を叶えられるようなモノこそ喜ばれます。
世界中の人ではないかもしれないです。
男性だけ、女性だけ、若者だけ、ご年配だけ。
そんなモノでも、世にないモノを作って喜ばれることが必要です。

昔はモノが少なかったから売れた

昔はそもそもモノがなかったので、良いも悪いも関係なく要求さえ満たしてくれれば、モノが買われた時代でした。

美味しくなくても、使いづらくても、高価でも、耐久性がなくても、ダサくても、かわいくなくても、カッコよくなくても。

良いモノでも売れない

では、美味しくて、使いやすくて、安価で、高耐久でかっこいいモノなら売れるのでしょうか?

その時代も過ぎてしまいました。

ただただいいモノ、というだけでは売れません。これが難しい。

本質的な価値ではなく、わかりやすさや目新しさが重要

どしたらいいのか。

それは結局セールスがしやすい、顧客に刺さるモノを作るしかないです。

感動してもらえるようなモノを作っていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました